朝紫 2018年産 もち米 白米 1kg
税込 800

自家採種3年目のもち米です。古代米と言われる黒米です。急速乾燥機を使わず天日掛け干しで自然乾燥しました。お米の劣化を最小限に抑える循環式精米で精米します。
  • 販売予定期間:2019年11月頃まで
  • 精米後の熱と湿気を逃がすために、通気性のある紙袋で梱包いたします。
  • 新鮮なものをお届けするため、ご注文後に籾摺りと精米をしております。
  • 精米は熱による品質低下の少ない循環式精米です。
  • 割れ、小粒、未熟などの粒が少し混ざる場合があります。
品種説明
朝紫はインドネシアのバリ島在来の紫黒米と日本の品種を親にして育成され、1996年に日本で生まれたもち米です。日本での栽培に適した初めての紫黒米で、紫色の成分には抗酸化活性を示す色素アントシアニンが多く含まれています。表皮は濃い紫色ですが中身ほど白色のため、精米を加減することで赤紫色の赤飯などができます。「日本初の紫黒米であり、今後の発展を祈る気持ち」を込めて「朝紫」と命名されました。
料理方法
一般的なお米と同じように炊くこともでき、もちもちした食感が楽しめます。玄米のままだと濃い紫色に、精米を加減することで赤紫色になっていきます。白米と混ぜてお赤飯もおすすめです。
保存方法
一般的なお米と同じです。精米後は湿気に弱く、酸化しやすくなります。密閉容器で冷暗所か冷蔵庫に保存します。ニンニクや鷹の爪を入れると虫の予防になります。
栽培基準チェック

→栽培基準について

固定種
自家採種
×無農薬
  • 2016年5月から借りた田であり経過3年未満のため基準未達成です。
×無肥料
  • 2016年5月から借りた田であり経過3年未満のため基準未達成です。
  • 水田では肥料不使用ですが、苗づくりを農園外で行ったため基準未達成です。ただしその苗づくりも有機JAS認証された知人農家さんの田で行っています。
使用物履歴
作業
年月
場所
使用物
土づくり
2017年11月〜2018年6月
染岡農園
・千田川の水
・前作の稲わら
苗づくり
2018年5月〜2018年6月
知人農家
・苗の土(熊本県産山砂)
・地下水
・樹脂製の苗箱
・防鳥ネット(不織布)
栽培中
2018年6月〜2018年11月
染岡農園
・千田川の水
・掛け干し資材(竹とビニール紐)
・わら結束資材(麻ひも
貯蔵中
2018年11月〜現在
染岡農園
・作物名立札(木製)
    使用物履歴には種苗・農薬・肥料・農業資材・機械に該当するものを表示します。ただし以下のものは表示から除いております。
  • 農園所有の機械
  • 前作で畑に残った作物。
  • 一般的に発生する気象や動植物や微生物など。
商品カテゴリー
営業日カレンダー
2019年12月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2020年1月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031
の休業日(不定休)は発送作業やお問い合わせ対応などをお休みさせていただいております